• 気になる治療期間

    治療する期間は症状によって異なる

    歯並びの悪い人の多くは、「矯正が出来たらどんなに良いだろう」と1度は頭によぎらせています。 自分も八重歯があって、並びも悪いので、「矯正できて、歯がきれいに並べばきっと笑顔にも自信がつくだろうな」とたまに、 落ち込んでいます。矯正を行う人が増加しているのですが、どうして、歯の治療をする人が増えているのでしょう。 これは、残すイメージとの関係があるでしょう。

    初対面の人と話をするなら、あなたは、どこを見るか、というアンケートがあるのですが、大体の人は「目」と答えると 感じていたのですが、「口もと」と答える人が多くいます。 他のアンケートでは、「口もと」と答えた人が50パーセント弱という結果が出たのです。 口もとが1番に見られるなら、それほど、歯並びも、人目を引くポイントとなるのでしょう。

    実際、初対面で目を見るのは緊張してしまいますが、多少距離があるなら、口元あたりを見たなら、きちんと顔を見て話していると 話している側も感じますよね。歯並びが綺麗なら、笑顔が魅力的で、清潔感もあり、健康的な印象があるでしょう。 歯が綺麗なことは、良い印象ばかりであって、悪いイメージは1つもないです。

    第一印象をよりよくするには、歯並びがとても関係することが、よくわかりましたよね。 大人になった後でも、歯列矯正を悩む人が増えていますが、そういった人が不安に感じている事は、費用が高額であることもあるが、 何をとっても治療に必要な期間でしょう。

    気になる治療期間
メインコンテンツ

状態によって変わる治療期間


社会人で働きながら、長い間、矯正の治療を継続するのは、大変で、どれほどの期間で治療が終了するのか、 そういった事が気になる人もたくさんいます。 歯列矯正を行うとき、患者で歯並びの状況、成長の具合により、治療期間は変化するでしょう。 なので、歯列矯正が、何年で終わるのか、そうった事は、全ての提示が難しいのです。


歯の並びがとても悪い人の治療は、それほどの、長期間が必要となり、大体の歯並びもよく、少しだけ、 矯正を行う人だったら、それほど、長くはないでしょう。 矯正では、マルチブラケット装置という名称の、歯に着用するワイヤーの治療具を使いますが、目安とし、 器具をつけてから、2年か3年程度が必要となります。


抜歯を必要があるのか、ないかで、矯正の期間も異なるでしょう。 抜歯を行うと、期間が1年程度、長くなります。 更に、歯が綺麗にそろうまで、器具で動かしていくのですが、こういった歯の動きは、個人差が出てくるので、 人により半年早く治療が終了したり、半年、遅くなる可能性があります。


矯正のマルチブラケットつけて取り付けている時は、通院が必要です。 程度的には、3週間、4週間に1度 くらいで、足を運び、器具の調整が必要となります。 更に、矯正の本格治療が終わったら、ブラケットを 外して行きますが、歯が元の場所に、戻るのを防ぐために保定装置が必要です。大切な歯ですから、このくらいしっかりとした 内容の治療行うことが必要ですので、時間はかかりますが、我慢しましょう。