• 歯医者との相談

    治療を歯医者と相談して苦痛を軽減

    実際、金属ブラケットと比較して、セラミック製のブラケットであったら、矯正の強度が少し低いでしょう。 目立たないのも、本人にはプラスですが、こういった事は、歯医者との相談が必要です。 着用した、最初は、ブラケットが口に接触し、痛みがあるでしょう。

    ワックスという名前の練り消しゴムを、ブラケットに着用し、唇の裏がすれないように予防する必要があります。 ブラケットとワイヤーを着けたら、数時間後に、痛みが出てくるでしょう。 最初の日は、かなり痛いと感じる人もたくさんいますが、痛みは、徐々に引くので、これは我慢が大切です。 ブラケットの見た目が心配になる人もいて、患者は舌側矯正を行う人もいます。

    この治療は、「ぜっそくきょうせい」と言いますが、歯の裏側に分からないように矯正装置を着用するやり方です。 装置が前のみでなく、歯の裏側に着用するので、他人から見たら、矯正がばれないでしょう。 だけど、歯の裏に装置があるので、話しづらかったり、舌が回らないなどのデメリットはあります。

    更に、経験がある歯医者でなければ難しい治療方法となるので、歯の矯正で、経験豊富な歯科医に頼む必要があります。 仕事をしていて、歯の矯正を行いたい人、職場や客に見られたくないという人は、かなり良い治療方法でしょう。 歯の矯正で、費用面が問題なければ、問題は、矯正中の見た目となるので。

    歯医者との相談
メインコンテンツ

お子様の場合


お子さんが歯の矯正を行うのは、当然ですが、将来的を考え、親が結団する場合が多いです。 なので、お子さんだったら、本人の希望でなく、「親に言われたから仕方なく矯正している」といったお子さんが多いでしょうけど、 それと比較して、大人は自分の希望で矯正を行います。 更に、歯が長い間コンプレックスだった人が、大人になった後で自分で費用を出して矯正を行うケースもあります。


なので、その分、治療を開始した後と、治療が終了した後では、かなり、本人の気持ちも変化するでしょう。 そして整形したかのような、そういった晴れ晴れとした気分が得られると思います。 そして、人により、更に、歯の状況により、歯並びが綺麗になる時間は異なりますが、長い期間が必要でも、 そういった事を我慢して、最後には綺麗な歯並びを手にしたときの喜びは大きいでしょう。


歯並びに悩みがある人、コンプレックスがある人、歯のせいで不便な人は、思い切って矯正を行う事で 人生が180度と変化することもあるでしょう。 なので、歯にコンプレックスを感じ、見た目で悩むなら、矯正を行うほどのメリットはあるでしょう。


そして、言えるのは、「笑顔に自信が出る」と事でしょう。 笑顔に自信があるなら、人前に出るのが、得意にな ります。 人前で堂々と話しが可能となり、大声で口をあけて笑えるので、性格も明るくポジティブに変わる でしょう。心理学的にも認められているのですが、自分の外見などがほんの少し変 わっただけでもその人の性格が変わってしまうのです。歯並びは外見を判断する上でも大きな要素ですので、 矯正すればそれだけ自信がもてるのです。自分にしかわからないようなことかもしれませんが、それだけで 自信が持てれば大きさ資産ですよね。

お子様の場合