• 歯や口の中が健康な状態の人に適したプチ矯正

    プチ矯正治療というものがあるのを、知っていますが? とても手軽で、短い期間での矯正治療がとても簡単に行えるのです。 あなたは、矯正治療は行いたいけど治療期間、装置といった 二の足に悩んでいるんじゃないのでしょうか? その中で、短い期間で歯の形を整えたいときにセラミックスクラウンやラミネートベニアといった 治療方法もあるのです。

    その方法は、歯の上からクラウンという王冠みたいなものをかぶせて、 歯の表面上に、薄いセラミックを貼り付けるといった方法もあるのですが、 健康の元からある歯を、削る必要が、欠点となるでしょう。 更に、クラウンは天然歯として、ずっと使える可能性は、とても低いでしょう。 この医療には、必ずといってもいいほどやりなおす必要がうまれてしまいます。

    今現在、矯正装置、そういった治療方法では、様々なものが開発されていき、 状態により、実際の矯正と比べてみたら、かなり手軽で短い期間の治療が可能となっています。 そして、かみ合わせや、そこまで歯並びが悪い訳ではない人や、大きな問題がない人、 抜歯といった治療を行う必要がないなら、多少の矯正で治すプチ矯正治療を、オススメしています。

    そして、マウスピースによる矯正のクリアライナー、インビザラインにつ いてです。 ワイヤーでの、矯正装置を使用せずに、 透明なマウスピースのような見た目の薄いシートを つけた状態で矯正を行 っていきます。 透明な素材のマウスピースを数段階分して準備し て、歯の動き同様に装着を行う マウスピースを変化させていく矯正治療法になります。 一般的なマウスピースとは違ったパターンなので、知っている人の方が すくない方法だと思います。

    プチ矯正
メインコンテンツ

あごと歯並び


現代の若者は、昔と比べてあごが小さくなっているようです。 こういったものは、日本人の生活習慣、食生活の変化が関係しているようです。 スパゲッティーやハンバーグなど軟らかい食べ物が多くあり、 歯ごたえがある食べ物を噛む機会が少なくなっていることも根元となっているようです。 前は、乳歯がみそっ歯の子供を良く見かけたものです。


みそっ歯とはもともと、茶色く着色した歯、虫歯で欠けた歯の事ですが、 子供の歯のすきまも同様に黒っぽく見えるので、昔はみそっ歯と聞けば幼児の 歯の代名詞になっていました。 こういった昔の人が言うみそっ歯は、あごがしっかり育っている証拠です。 小さい乳歯が生え、あごが順調に育ったら、自然に歯と歯の間が出来てしまうのです。


歯の大きさは昔と違わないのに、受け皿のあごや歯の生えてくる場所がないので、 歯の行き場がなく、歯並びのバランスが悪いです。 歯とあごの大きさとのバランスの悪さから歯並びが良くない人が増加し、 こういったことを現代病という人もいます。 乳歯の歯並びが正しく見えても、永久歯 へ生え変わるたびに問題が出る時もあるので、 気になるのならば歯列矯正の専門医に相談しましょう。

あごと歯並び