• 歯の矯正は子供であれば焦らずゆっくりと

    生え変わりるときに、歯並びの悪さ、不正咬合といったものは、「乳歯の頑張り」と言われますが、永久歯が強引に出るときに 起ってしまう現象です。あなたも、経験があるでしょうが、乳歯の下から永久歯が出てきて、同じときに生えた状態の事を言います。 こういったときには、必要のない乳歯を抜く必要があり、奥へと侵入しすぎた永久歯も、実際は、このあとで、 時間をかけてちゃんと前に出てくるのです。

    なので、今「歯並びがガタガタになってしまった」と焦り、歯を矯正する必要はないです。 小学校低学年頃から、乳歯が抜け、永久歯へと変化しますが、乳歯と永久歯が混ざった状態を混合歯列期というのです。 全部歯が永久歯になった事を永久歯列期と呼び、そうなったら、こういった混合歯列期は長期間続きます。

    混合歯列期であったら、歯列の変化がとても多く起こります。 乳歯が抜け、永久歯が生え、歯が動き、なので、こういったときは、トラブルがないかを見守る必要があります。 歯列に何も問題なく、永久歯列期をするお子さんもたくさんいるので、そうすれば、矯正の心配はないでしょう。 こういった時、両親は子供の歯列状態をよく見守る必要があります。

    子供の歯の矯正その2
    子供の歯の矯正その2
メインコンテンツ

混合歯列期の歯列変化


乳歯の歯列矯正で、最初は、見守る事が大切なのは、こういった混合歯列期の歯列変化が、めまぐるしい事が理由でしょう。 小さい子供の歯列矯正は、早ければ効果が大きい訳ではないのです。 こういったことは親となったら、皆が知るべきです。


大人になってから矯正歯科にいくのは時間的にもつらいものです。 子供のうちであれば、まだ比較的時間に余裕があるので、子供の歯に目を光らせて 置かなければならないのは大変かもしれませんが、お子様の将来のことを 考えると、このような基礎知識をもった上で、子供のうちにしっかりと矯正して あげておくのが一番ですね。

混合歯列期の歯列変化