• 子供の歯の矯正

    歯の矯正を行うのなら両親の管理が必要

    子供の歯並び、あなたは気にしたことがありますか? 自分の周りでも、お子さんの歯で、気になる点があるという両親、多くいます。 小さい頃から、親が歯磨きをしたり、虫歯になる危険性をさせた食べ物を気にしたり、 寝る前は何も食べさせずに、親が気を配っていたらお子さんは虫歯になる可能性が少ないです。

    小さい頃の歯の状態では、どのようにしても親の責任が関係してきます。 更に、子供の歯 の矯正を考えるには、大体の親が、お子さんの永久歯が生え揃う頃を 狙うでしょう 子供が小学校低学年あたりになった頃でしょう。 歯はお年寄りでも、生涯、自分の歯 を使っていければうれしいです。その一生使う歯はお子様ば小さい時は親御さんが責任を もって大切にしていかないと、お子様が将来困る事になるのです。

    生涯、付き合うものとなるので、最終的にお子さんの歯に問題が出ないよう、両親は気を配ります。 歯並びが悪いなら、矯正を考え、見て見ぬふりは難しいでしょう。 だけど、歯並びが悪いという理由で、受診するお子さんは、全部が永久歯になっていることは少ないでしょう。 例を挙げれば、3歳で検診で歯並びの悪さを指摘されるケースがあります。

    小さい子供の時、不正咬合が気になるので、歯並びが悪いので、食べ物を上手に摂取が難しいという心配も出てくるでしょう。 検診で指摘をされても、即座に歯の矯正を行う医師は少ないと思います。 ですが、様子を見るという場合が多くあります。 どうしてかというと、お子さんは、年齢を重ねれば、歯並びも自然治癒が可能な場合があるのです。 それが1番良い方法となるので、歯科医もそれを考慮しているのですね。

    子供の歯の矯正
メインコンテンツ

経過の観察が大切


どういった子供でも、絶対に、歯並びが自然治癒が可能な訳ではないので、段階をふんだのちに、 経過をみる十分な時間が用意されているという事です。焦り、矯正を開始する必要はなく、何年かたったら、 歯並び矯正の治療を開始したとしても手遅れではないでしょう。なので、親の立場とし歯並びの悪さが心配でも、 焦ってはダメで、お子さんの歯並びが変わる経過の観察が大切になります。


お子さんの歯並びのことで、日本よりアメリカのほうがかなり進歩しています。 映画を見たとしても、海外のお子さんは、歯にブリッジしている子が多くいるので、矯正が当たり前です。 日本人より歯の並びを重視したアメリカの人にとって、歯が綺麗に並んでいるのは、常識なのかもしれません。 ですが、アメリカであっても、最初から矯正せず、歯並びの経過を見守ります。


歯並びの異常が感じられても、それが、乳歯列であるなら、矯正せずに経過を見る事が、先進国アメリカであっても、 基本として考えている専門医が多くいます。 乳歯の生え変わりについて、開始は、どこから起こるのか、あなたは知っていますか。


前歯が抜けると目立つのは、前歯から抜け替わると感じる人が多くいるようです。 だけど、デ ータでは、下顎第2乳臼歯の後ろの、第1大臼歯から開始するようです。それは、6歳臼歯といわれています。 更に、その次は、 下顎中切歯で、前歯の下、前歯の上、この順番で行われます。この流れに沿って治療は行われますので、もし違った流れになっている 感じた場合は、先生になぜ治療の流れが違うのかをしっかりと確認しておく必要があります。